身体の健康を考えて行動~えいっと栄養補給~

食べ物が腸内に

腸閉塞についての基礎知識

突然の激しい嘔吐や吐き気を覚えた時は、腸閉塞かもしれません。吐いたことにより症状が和らいでも腹痛などがある場合にはすぐに病院行ったほうがいいのです。 膨満を感じる場合も注意が必要です。痩せている人が腸閉塞になった場合には、腸が動く様子がわかるくらいなのです。 腸閉塞の特徴はお腹がきりきりと痛みだしたかと思うと和らぐことを繰り返すのです。 この腸閉塞という病気は、食べたものが腸の中で滞った状態になってしまうことです。腸が詰まってしまうのでお腹が張ってきたり痛くなってしまうのです。 肛門へ進めなくなってしまった腸の内容物が逆流してしまうために、激しい吐き気となるのです。 吐き気やおう吐は、腸閉塞の一般的な症状なのです。

腸についておかしいと思ったときの注意点とは

腸閉塞になる原因はいろいろありますが、まず腸が圧迫されたりねじれたりするために起こります。 開腹手術をしたことがある人も腸と腸が癒着してしまうためにねじれることがあります。高齢の女性の中には脱腸から腸閉塞になる人もいます。 X線やCTなどで腸の状態を調べてから、治療に入ります。 大体の腸閉塞は、薬物療法で治療しますが、ひどくなってしまった場合には手術となります。 薬での治療においては、食事と水を控えて腸を休ませます。腸の張りが強い場合には管を入れて内容物をくみ上げます。この方法で楽になるのであとは落ち着くまで様子をみます。 それでも、改善しない場合には手術となります。ただし、手術をしてしまうと再発の可能性が出てしまうので注意が必要となります。 腸閉塞は病院で治療して治す病気です。嘔吐などがありそのままにしておくと命にかかわることもあるので、すぐに病院行くことが大切なのです。